企業側も知っておくべき融資の基本と「融資の5原則」を解説!

スムーズに融資を受けよう

融資を受ける時のポイントになる

たくさんの金融機関がありますが、どれも審査を通過しなければいけません。 きちんと返済できる人なのか判断されます。 社会的な信頼が低いと、厳しい審査を通過できないので注意してください。 それぞれの金融機関の、審査の基準を先に調べましょう。 すると、通過しやすくなります。

無事に審査を通過するため

皆が皆、融資を受けられるわけではないと覚えておきましょう。
融資を受けるためには、5原則を知るのが良い方法です。
まず融資は、お金を借りることになります。
ですから、融資を申し込むと審査を受けます。
ちなみに審査の基準は、それぞれの金融機関によって異なります。
きちんと返済できると判断されたら、お金を無事に貸してもらえます。
また、社会に役立つことにお金を使わないといけません。
これが、公共性の原則になります。

仕事に、融資で得たお金を使うと思います。
しかしその仕事で、利益を得ることができないと判断されたら、融資は受け取れません。
審査を通させるためには、どのような仕事に使うのか伝えてください。
さらに、仕事を成功させることによってどのぐらいの利益を得られるのか伝えることも大事です。
これは、成長性の原則にも繋がります。
成長しないと、融資を受け続けることはできません。
融資をスムーズに通過できるよう、計画書を具体的に考えましょう。

また融資には、流動性の原則もあります。
長期間の融資は、比較的審査を通過しにくいと言われています。
長期の融資を受けることができなければ、短期の融資を申し込むのも良い方法です。
特に、預金が少ない人は長期の融資を受けるのは非常に難しいでしょう。
預金が少ないのに、長期間お金を貸していると、金融機関側に利益がないことが理由になります。
資金がたくさん必要だと思ったら、預金を増やしてみましょう。

世間から非難されないよう注意

会社の利益だけを考えているところに、融資をしてくれません。 金融機関は融資をすることで、社会に役立つのか審査しています。 それを公共性の原則と呼んでいます。 どのような仕事をするために融資が必要なのか、具体的に計画書を見せましょう。 それは収益の原則や、成長の原則にも繋がります。

預金が関係している

流動性の原則を、覚えておきましょう。 預けているお金が少ないと、融資を受けられる金額も少なくなります。 自分の預金も考えて、どのくらいの融資を受けるか決めてください。 たくさんの融資を受ける際は、預金を増やすなどの工夫が必要です。 スムーズに融資を受けられるよう頑張りましょう。