スムーズに融資を受けよう

世間から非難されないよう注意

公共性の原則とは何か

世間に役立つ仕事をするためなら、金融機関は融資をしてくれると思います。
会社の得られる利益を説明することも重要ですが、それだけにならないでください。
例えば、こんな商品やサービスを提供すれば、お客さんが喜ぶと金融機関に伝えるのが良い方法です。
審査を通過するためには、分かりやすく伝えるのが良い方法です。

説明が下手だと、上手く伝わりません。
いろんな金融機関に融資を申し込んでも、審査を通過できなかったら自分の説明に問題がある可能性が高いです。
1回計画書を見直してください。
人に見てもらうのもおすすめです。
分かりにくい部分を指摘してもらえば、具体的な計画書を作成できます。
それから再び、金融機関に申し込みましょう。

収益や成長性の原則を知る

計画書を作成する時は、どのくらいの収益を得られるのか記載してください。
収益性の原則というものがあります。
たくさんの利益を得ることで、早く借りたお金を返済できます。
すると金融機関は安心できるので、審査を無事に通過できるでしょう。
また成長性の原則も大事です。
いつまでも同じ状態では、会社の利益を増やすことができません。

融資を受けて仕事を進めることで、自身の会社がどのような成長ができるのか、計画書に詳しく書いてください。
成長性が見えないと、不安を与えてしまいます。
今は大丈夫かもしれませんが、これから急激に経営状態が傾く可能性があります。
そのように思われると、融資を受けられません。
成長性があると、アピールしてください。


この記事をシェアする